sbifx


こんにちは、RERAです。 

2020年12月28日週でのSBIFXトレードの受け取りスワップは-60円でした。

ついにスワップがマイナスとなりました・・・。

こちらの運用に関してはやめたいですが、
含み損が多すぎて辞めるに辞めれないのが現状です・・・。

また、現在塩漬けポジションを使ってのくるくるワイドでの運用を検討中です。
詳しくは、





目次

  1. スワップとは
  2. これまでの設定の変更履歴
  3. この週の確定利益の公開
  4. これからの発注について



1.スワップとは

スワップとは


取引する通貨ペア間でのそれぞれの「金利差相当額」のことを指します。
簡単にいうと、2国間の金利差のことをいいます。

原則は、金利の高い方の通貨を買うとスワップを受け取れ、
金利の高い通貨を売るとスワップを支払うという仕組みです。


スワップはFX会社によって違いがあり、 また、一定のものではありません。

SBIFXトレードにてスワップ運用を行っているのは
発注単位が1通貨から可能だからです。

私の運用だと、少ない金額での積立となりますので、
SBIFXトレードにて運用しています。

2.これまでの設定の変更履歴

SBIFXトレードに関しては最初の頃は、
手動トラリピを行っていました。

しかし、豪ドルを高掴みしたものが決済できず、それが足かせになり、
豪ドルのスワップを受け取り続けるだけの口座になっていました。

その後、日々のスワップの内、
毎週末にスワップの半分をトルコリラの購入に
あてるという特殊?なスワップ運用に移行しました。
しかし、トルコの大暴落で怖くなり、南アに変更したという、蚤の心臓です。

例えば、週末にスワップが200円貯まったとしたら、
200円÷2=100円で買える分の南ア/円を買います。
その時の南ア/円が6.00であれば、
100÷6≒16.666
となりますので、16通貨分を買い増します。

このように少しずつ買い足しています。



3.この週の確定利益

この週のスワップの内訳です。


通貨保有数週次利益累計利益
AUD/JPY59,000通貨-147円450,058円
ZAR/JPY10,272通貨60円5,782円
TRY/JPY5,434通貨27円47,712円


IMG_6537



入金金額 累計スワップ 評価損益 資産評価額
2,035,758円 503,552円 -1,258,918円 1,280,392円


4.これからの発注について


こちらの運用は正直全く無駄に思えています。
以前であれば、
スワップポイントが一週間で5,000円を
超えていた時もありましたが、
ここまで、スワップポイントが下がってくると、
損切をした方がいいのではないかと、考えています。

または、新たに手動トラップを仕掛けて
マネーパートナーズの連続予約注文と一緒に考えて、
運用していく事も考えています。

とりあえずは、もう少し考えてみます。



投資は自己責任となります。






人気ブログランキング